【PS3】GTA5


gta5

GTA5が凄い。

このシリーズは暴力的な表現が注目されがちですが、個人的にはロックスターゲームズのセンスと技術力を存分に見せつけるための舞台だと考えています。

シリーズを通してやることはただ一つ、様々な登場人物から依頼を受けて、それをひたすらこなし地位と名声を手に入れ、のし上がって行く。
所謂お使いゲーというやつですが、そこに投入されている技術力は凄まじく、おそらく日本の技術ではもうどれだけ人員と時間を割いても追いつくことは不可能でしょう。

「これ以上は無いのでは?」と思わせるほどの技術が、新作が出る度に上がって行くのも驚きです。

今作もフィールドは更に広くなり(レッドデッドの数倍)、グラフィックも向上、そしてそれがロードなしで移動できるんだから、とんでもないです。
プレイからイベントシーンへつながる部分も実にスムーズ。

ただ、この辺は今までのシリーズでも進化してきた部分ではあるのですが、今作で最も凄いと感じたのがムービーシーン以外での演出の入り方。

ミッション中のカーチェイスなんて日常茶飯事なこの世界。もちろん運転はプレイヤーの自由なのでスピードもハンドリングもコンピュータからすればランダムに発生しているわけです。
そんな中、うまいタイミングでトレーラーが交差点に進入してきたり、レッカー車から車が落ちてきたりとプレーヤーの行く手を妨害します。このタイミングの処理が非常に神がかっています。

うお!凄いタイミングでトレーラー来たな!と思ったのですが、リトライした時も同じタイミングで進入してきたので偶然ではないはずです。

どの位置にきたら演出が始まるというフラグを立てているのは分かるにしても、かなり細かい調整をしているんだと思います。

今回は複数の主人公がいて、それぞれの視点に好きな時にチェンジして物語を進めていきます。
最初はバラバラなメンバーが、意外なところから接点を持ち、ひとつのストーリーへとつながって行く様も今までのGTAには無かったスタイルなので新鮮。

また最近では海外のゲームで増えてきたwebとの連動も面白いです。
スマホのアプリで車のカスタマイズや愛犬の世話が出来て、それがすぐにゲーム内に反映されます。
まだまだできることは少ないですが、据え置き機から離れても何かしらで関わることができるというのは面白いですよね。

まだまだ序盤なのでそれぞれの要素を網羅できていませんが、今回も楽しませてくれそうです!

ただ、エイムや全体的な操作性(主にスティック)がイマイチなのは相変わらず…ただ、ロックスターのゲームは毎回こうなので慣れるしかないですね。

 dragon様のひとこと
ドライブ中に喋るのやめて・・・
 
 
グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】(数量限定特典DLC3種 同梱)
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン (2013-10-10)
売り上げランキング: 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.dragon3000.com/wp/wp-trackback.php?p=512