【PS3】God of War:Ascension


gowas

3で綺麗に完結したと思いきや、やはり人気コンテンツなのでそのまま終焉・・・

というわけには行きませんよね。
今回はGOD OF WAR(以下GOW)正当三部作の以前の話。
クレイトスがなぜアレスと契約を交わしたのか・・・のお話が語られます。

このGOWシリーズはゼウスとかアテナとか神話の世界が舞台になっています。
主人公のクレイトスはスパルタの戦士。これがもうとにかく強い。
坊主頭に凛々しい眉毛で超マッチョ。国内ゲームの美少年戦士とは正反対。
そんなクレイトスがさらに強大な力を得ようと神々に魂を捧げたもんだから、もう誰も止められない。
怒りや憎悪を元にしたその力は、家族すら殺めてしまう。
そんな過去を背負いクレイトスは絶望したり苦悩したりして神に抗ったりするお話。(超ザックリ)

ダイナミックな演出、様々な仕掛けや謎解き、桁違いの建造物やモンスターが画面全体を所狭しと
大暴れするのが特徴です。

本作は前述したように3部作の以前のお話。過去が語られます。
シリーズが終わっても何とかしたい作品によくあるパターンですね。

とても好きなシリーズなので、それはもう期待大で購入しましたよ。

さっそくプレイして行くと、確かにいつものGOWなんですが何かが違う。
一見すれば今までのシリーズと同じ、ダイナミックな演出とローディング無しのストレスフリーなプレイ感。

でも、なんか「コレジャナイ」感。
本当にサンタモニカスタジオが作ったのかな?
実はどっかに外注したとか、若手に作らせたとか・・・何かが違う。

まず、シリーズ通しての売りであるダイナミックさ。
確かにダイナミック!
でもね・・・画面引きすぎですよ・・・

技術も上がってグラフィックもかなり向上しています。
それをプレーヤーに見せ付けたかったのか、カメラが引くシーンが非常に多いです。
確かに引いたら景色は綺麗!うおー!こんな広大な土地で戦っているのか!という気分は味わえます。

でもね・・・クレイトスが小さすぎて見えねぇーーーー!!

うちは32型のテレビなのでそこまで小さいわけではないと思います。
でも、MAXでカメラが引くとクレイトスが大豆みたいなサイズになります。
それでも戦闘は継続するため何が起きてるのかが分かりません。
気がついたら敵にペチペチ殴られてて、次に寄った時には瀕死になってたりとか・・・
そこで突然QTE(A押せ!みたいなやつ)が発生するので、そのままよく分からずゲームオーバー。
これは相当イライラしました。

それから雑魚が硬い。
とにかく硬い。
難易度ノーマルなのに、なかなか死なない。
大きい敵が強いのは納得いくんだけど、次から次へと沸いてくる雑魚の防御力が高いって結構しんどいです。
結局つかんで敵の集団に投げて近寄らせないのが一番の攻略法っていうのもなんだかね。
途中、雑魚との連戦を強いられるステージがあるのですが、ここは本当に参りました。
途中にセーブポイントもないし、大きな回復ポイントも無し。死んだらまた最初から。
クリア後のやり込みならまだしも、あそこの異常な難易度は下手すると挫折する人もいるんじゃないかな。

システムの変更も不満だらけ。
なぜここに来て急に今までの伝統を変えたのか。
メイン武器は一種類しかないし、新たに加わった属性の要素も敵の属性が良く分からないからどの敵に
何の属性が効くのかちっとも分からない。ただ、必殺技が違うだけ?
前作GOW3で改善されたCSアタックの表示も、背景が黒になっちゃったんで見づらくて仕方ない。
おまけに音もなんか全体的に小さい。

と、不満のオンパレード。

ストーリーも「現在」→「過去」→「現在」→「過去」のような感じで進んでいくので、今現在クレイトスが
何に向かって進んでるのかが良く分からず進めることになる。
ボスの直前に来て「実は数週間前にこういうことがあってね・・・」と過去編が始まる。
おかげでストーリーが全く頭に入ってくることは無く、正直1回のプレイでは何一つ理解できませんでした。

今作から搭載されたオンラインもやってみましたが、なんだか中途半端。

新しい試みでマンネリを変えたかったのかも知れないですけど、非常に残念な出来になっていました。
やっぱり水戸黄門は水戸黄門であってほしい。
フレンドパークはフレンドパークのままでいい。

「何か変えなければ!」という意識は大事だと思うのですが、その判断の見極めって重要ですよね。

いつまでも変わらない存在であり続ける難しさと大切さを学びました。

God of War:Ascension公式サイト

dragon様のひとこと
いろいろ残念すぎる。こんなことならVitaで出せばよかったのにね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.dragon3000.com/wp/wp-trackback.php?p=110