【PS3】METAL GEAR RISING REVENGENCE


METAL GEAR RISING REVENGENCE

2009年、小島プロダクションのサイトに突如現れた謎のカウントダウン。
草原に雷鳴が轟き、いくつかのアルファベットが浮かび上がるその演出から様々な憶測が飛び交っていました。

そしてあの有名なE3での小島監督による「肩たたき事件」(笑)
MSのカンファレンス内で雷電を主役としたMETAL GEAR SOLID RISINGの発表がありました。

それから約4年。
様々な紆余曲折を経て、タイトルも「METAL GEAR RISING REVENGENCE」へと変更。
開発にプラチナゲームズが加わり本格的な剣劇アクションが誕生したわけです。

スピンオフ作品とはいえ、メタルギアなのに「潜入」せずにバッタバッタと敵をなぎ倒すアクションってどうなんだろう?なんて疑問もありましたが、体験版をやってみてそんな疑問も吹き飛びました。

潜入がどうとかメタルギアらしさなんて吹き飛ぶくらい、純粋に格好良くて爽快なアクションに仕上がっていたのです。

ムカツク敵をこれでもかと自由に斬り刻める「自由切断」
倒した敵からエネルギーを奪い取って全回復できる「斬奪」
障害物はいちいちジャンプしなくても乗り越えられる「ニンジャラン」

これらのアクションを駆使すれば気分はすっかり忍者。
いや・・・隠密の必要はないのでサムライかな。
敵はみんなサイボーグ(という設定)なので思う存分斬りまくりましょう。

このゲームには「防御」という概念がありません。
その代わりに「シノギ」というシステムがあります。
これがまた秀逸で、敵の攻撃の大部分はこの「シノギ」によって弾くことが出来ます。
更に敵の攻撃が当たる直前でしのぐ「ジャストシノギ」を覚えるとカウンターアタックが発動し、敵が怯むのでそのままスペシャルアタック(一撃必殺技)に持ち込むことが出来ます。

普通にしのいで敵の攻撃に耐えるか、ある程度のリスクを承知でギリギリのジャストシノギで1発逆転を狙うのか・・・それはプレーヤーの腕次第。
特に難易度が上がると、敵の攻撃も体力も上がるので1匹1匹まともに相手してたら勝てません。
いかに、このジャストシノギで倒していくかが攻略のポイントになってくるわけです。
もちろん、オートでシノギを発動してくれるイージーモードもありますので、アクションは苦手だけど興味がある人も是非!

さて、アクションの面白さを大いに語ってきましたが、では物語の方はどうなのか。
ハッキリ言って酷いです。
時間が無かったのか、最初からこういうつもりだったのか。
とにかく薄っぺらなので、MGSシリーズの重厚感を期待した人はガッカリだったんじゃないでしょうか。

とにかくアクションと演出は男の子なら大好きだと思うので、カタナとかサムライとかニンジャとか、そういうキーワードに琴線が触れてしまう人にとっては最高のゲームだと思いますよ。

プレイ状況
難易度:easy、nomal、hard、very hardクリア
コレクション:称号以外コンプ
VRミッション:オール1st

VRミッションはほんともうね・・・運の要素も結構あるんで相当苦労しました。
VR18はもう二度とやりたくないっす。

METAL GEAR RISING REVENGENCE公式サイト

dragon様のひとこと
ラスボス何あれ?ゲームコンセプトも世界観も覆す衝撃。いろんな人の許可よく下りたな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.dragon3000.com/wp/wp-trackback.php?p=91